HONDA



車に乗るのが無常の喜びだった1960年代。エアバッグはもちろんヘッドレストも無く、排気ガスは芳しかった。そんな車のコックピットでキーをひねってみませんか。
It was fun to drive the car in the 1960's.
Lets turn on the key on the car which is no airbag, no headrest, and also has a good smell.


HONDA

S800 coupe

1966

S800.pngS800coupeは本田技研工業が、1966年に発売した2シーターのオープンスポーツのクーペバージョンである。791cc水冷DOHC4気筒4連キャブのエンジンから70HPのパワーで最高速は100mphに達した。当初はS600同様後輪の駆動をチェーンで行っていた。S600との見分け方はエンジンフードのパワーバルジ。70年まで12,000台足らず生産された。

協力 Honda Collection Hallサウンド協力 GOOD ONE inc

S600 coupe

1965

S600.jpgS600coupeは本田技研工業がプロトタイプS360、S500に続き、1964年に発売した2シーターのオープンスポーツのクーペバージョンである。水冷DOHC4気筒4連キャブのエンジンは、後輪の駆動をチェーンで行った。

協力 Honda Collection Hallサウンド協力 Courtesy of Mr.Scott King

N360

1967

N360.jpgホンダ初の本格量産型乗用車。1967年発売で低価格(31万円)高出力(31PS)の空冷2気筒エンジンはフロントに直立し、まさにモーターサイクルエンジンだった。
ミッションもバイクやF1と同じ常時噛み合い式のドグミッションである。ダッシュボード下から生えたレバーは独特の感触で、走行中もリバースに入るといわれた。

協力 Honda Collection Hallサウンド協力 GOOD ONE inc

T360

1963

hondaT360.png1963年に発売したホンダ初の4輪車。354ccの軽自動車ながら、水冷DOHC4気筒4連キャブのエンジンは、30psを発揮した。

協力 Honda Collection Hallサウンド協力 GOOD ONE inc